さくらんぼの皮は食べるのが普通!でも農薬が心配って本当?

さくらんぼ

みなさんはさくらんぼを食べる時、どのようにして食べていますか?私はそのまま皮ごと食べてしまう派です。

しかし、よく考えれば他の果物は食べる時に皮を剥いて食べているような。特に気にせずそのまま食べていたけれど、皮って食べても大丈夫なもの?

今回はそんなさくらんぼの皮について、食べる?食べない?体に良い?悪い?といった疑問点をまとめてみました。

さくらんぼさくらんぼにカビが生えていた!食べても大丈夫なの?

さくらんぼの皮をわざわざ取り除いて食べる必要はない

さくらんぼ

皮を剥いて食べる果物に関していえば、皮は硬い、苦い、食べにくい、などの理由から皮を剥く必要があります。

一方でさくらんぼについては皮は比較的柔らかく、食感も味も皮が付いたままで特に問題がないので皮を剥く必然性はありません。

むしろ、さくらんぼの栄養価は皮の付近に多く含まれているため、皮ごと食べた方がより栄養を摂取できるということになります。

皮は実は体には良くないって本当?

とはいえ、皮ごと食べる時にあるのは良いことだけではありません。

後述する農薬の問題や、あまり消化に良くないのでたくさんたべると胃痛や胃もたれを起こしてしまうというマイナス面もあります。

体に良くない、という程の大きな問題ではありませんが、体にとって不調を起こす事態になるのは避けたいですね。

離乳食にさくらんぼを入れる場合は皮に注意?

栄養価が高く、甘みと柔らかさから離乳食として赤ちゃんに食べさせる方も多いようです。しかしここでも気を付けなければならないことがいくつかあります。

まずは、皮が付いたまま食べさせるとまだ歯の生えそろっていない赤ちゃんなどは噛み切れずにのどに詰まらせる可能性があります。

また、消化器の発達も未熟なため実の部分よりも硬い皮が消化しきれずに消化不良を起こす可能性も。

さらに、さくらんぼの皮の表面には少なからず農薬の付着があるため、大人よりも許容量の小さい赤ちゃんにとっては多少農薬であっても口に入れるのは良くないものです。

いくら水洗いをしていても、赤ちゃんの口に入るとなると心配ですよね。

以上を踏まえて、赤ちゃんにさくらんぼを食べさせる時には皮を剥くべきであるといえます。農薬の心配がなければすりつぶして柔らかくしてから食べさせるという手段もあります。

Sponsored Link

さくらんぼの皮をむいたほうがいいのでは?と考える人もいる

さくらんぼ

調べてみると、さくらんぼの皮を剥いた方が良いという意見のほとんどが離乳食としてのさくらんぼについてでした。

やはり、消化しにくい点と農薬付着の二点から赤ちゃんの口に入れる時には皮を剥くべきということなんですね。

また、さくらんぼの皮の剥き方についても様々な方法が紹介されていることから、さくらんぼの皮は剥くべきという意見は少なからずあるということがうかがえます。

一番ポピュラーなのは「湯剥き」。

さくらんぼをお湯に10秒ほどつけて皮を剥くと、つるっと剥けるんだそうです。

他にも、さくらんぼを冷凍させてから皮を剥く方法があります。冷凍してしまうので食感は変わりますが、ペースト加工もしやすいので離乳食には最適なようです。

さくらんぼの皮に農薬は残っているのでは?

ここで気になるのがさくらんぼに農薬の付着はあるのか、という問題ですが実際のところはどのようになっているのでしょうか。

一通り調べたところによると、この問いの答えは「付着はある」ということでした。

さくらんぼの実にはミバエというハエの一種が害虫として卵を産み付けたり、その幼虫が果汁をすすったりします。それらを防ぎ、品質維持のために農薬が使用されているのです。

害虫がついてしまうとその時点で出荷できない状態になってしまいますので、それを防ぐためには農薬を使うことも仕方がないことなのかもしれません。

使用された農薬が出荷時には全くきれいになる、ということでもありませんので、農薬について気になる場合は購入してから食べる前にしっかりと水洗いするのが良いでしょう。

アメリカンチェリーは特に農薬が心配?

特徴的な濃い色合いのアメリカンチェリー。その名前の通り、外国からの輸入を経て日本で販売・購入がされます。

このアメリカンチェリーには、収穫後に使われる「ポストハーベスト」という農薬が使用されています。

「ポストハーベスト」は防カビ剤で、収穫~輸入~販売・購入といった長い期間でカビが生えないよう、商品を長持ちさせるために使用されています。

ということは、購入する時点まで農薬の効果があると言えます。

農薬の残留可能性は極めて高いので、アメリカンチェリーを購入して食べる時には入念に水洗いすることをおすすめします。

私はこう思う

さくらんぼの皮は食感も味も悪くないですし、栄養も皮の周りに多くあるのでできれば皮ごと食べたいところです。

何より、実の小さいさくらんぼを一つ一つ皮を剥いて食べるのは正直とても面倒に感じてしまいますし、どうせならパクパクっと食べたいですよね。

しかし不安になるのはやはり農薬問題。さくらんぼにしてもアメリカンチェリーにしても、どちらも農薬の付着を避けることはできません。

大人が食べる場合には水洗いをしっかりしておけば体への影響はさほど心配ありませんが、体の弱い人や赤ちゃんなど、許容量の小さい人が食べる時には十分に注意したいです。

また、どうしても気になる場合は「無農薬のさくらんぼ」などで検索をするとお取り寄せで無農薬のさくらんぼを購入することもできます。

農薬のことを気にせず丸ごとさくらんぼを食べたい!という時にはこうした手段を利用することも良いのではないかな、と思います。

まとめ

今回はさくらんぼの皮について食べるか否かということをまとめました。大切なポイントは、食べる場合にはよく水洗いをすること。

また、離乳食として赤ちゃんに食べさせるときは皮を剥いて食べさせること。胃もたれや胃痛の原因になるので食べ過ぎないよう注意すること。

さくらんぼの皮を食べるとき、剥くときにはこれらのポイントを参考にしてみてください。

とはいえ、さくらんぼの皮自体には栄養がたくさん集まっていますので、出来れば丸ごと美味しく食べられるといいですよね。

さくらんぼさくらんぼの栄養と効能は?食べ過ぎると体に悪いは本当? さくらんぼさくらんぼの種を食べたら死ぬって本当なの?調べてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です