おしるこの付け合わせは漬物?それとも塩昆布?地域色豊かだった!

おしるこ

おしるこの付け合わせであなたがイメージするのは何でしょう?塩昆布ですか?それとも漬物ですか?はたまた別の物でしょうか?

その答えによってあなたの出身地が特定できるかもしれません。

おしるこに使われる餡子や餅、白玉、またその呼び名の違いが地域で異なることと同じように、おしるこの付け合わせについても地域によって様々です。

その地域の特色とも言えるとても面白い結果が分かったのです。

おしるこおしるこの餅の代わりと言えば白玉!それ以外の代用できるものは?

おしるこの付け合わせと言えば塩昆布!関西では常識?

冒頭であなたが頭に浮かべたものは何でしょう?

やっぱり塩昆布でしょ!と思ったあなたは関西方面がご出身でしょうか?関西では一般的に付け合わせに塩昆布が使用されています。

現在ではご家庭でも簡単に作ることが出来て、物珍しいものではありませんが砂糖が日本に渡ってくる以前ではとても貴重なものでそもそものおしるこはすすり団子が由来とされ、味付け自体がしょっぱいものだったと伝えられています。

現在ではおしるこは甘いものというのが一般的ですよね。

なのでその引き立て役として塩昆布が添えられています。話が少し逸れましたが、別の地域では塩昆布以外に何が添えられているのでしょうか?

Sponsored Link

関東ではおしるこやぜんざいの付け合わせは漬物?

おしるこ

関東方面では一般的なおしるこの付け合わせには漬物が使われています。

これは甘味処で提供されることの多い塩昆布に対して、家庭で頂く際に塩昆布の代わりとして自家製の漬物を。なんてことが多いようです。

関東でも甘味処でおしるこを注文すると塩昆布を添える処は多いので、塩味のものという共通の用途を満たす上では漬物も理にかなった選択肢と言えますね。

しば漬けや沢庵(たくあん)小梅と昆布の佃煮や、古漬けの白菜などなど。それぞれお好みの漬物や塩漬けを組み合わせて添えるといった感じでしょうか。

他にもたくさんあるおしるこやぜんざいの付け合わせ!

ポイント

このように、おしるこには塩昆布というセット的なイメージの中、地域や文化、そして古くから各家庭で提供されてきた塩物を添えるといった予想以上に自由度が高いということが分かってきました。

そこでここからは色んな組み合わせを挙げていきたいと思います。

実際に自分の家またはその地域ではこれだ!というものもあるかもしれませんね。

MEMO
・紫蘇の葉
・しそ梅
・緑茶のみ
・昆布茶
・白みそ
・紫蘇の実の漬物
・きゅうりの醤油漬け
・茎ワカメの漬物
・昆布の佃煮
・大根桜漬け

どうでしょう?ここまでくるともう何でも良さそう、、、ですが、やはり実際に口直しとして使用した結果おしるこの旨さが増したという実例です。

あとはそれぞれ単体としても人の好みがありますがおしるこが美味しく感じるということを基準にするとどれも良い役目を果たしているといったところでしょうかね。

これ以外には、添え物という範囲を超えて一緒に食べると合うというものもせっかくなので挙げてみましょう。

 

・クリームチーズ
コクと酸味が、甘いあんことバランスよく絡み合っておいしいと好評です。チーズでコクが出るとともに、単調な甘みを引き締めることで甘ったるさを解消してくれます。

・雪見だいふく
バニラアイスではなく雪見だいふく。ここポイントですね。バニラアイスがあんこと合うのは誰もが知ってる最高のタッグだと思いますが、この求肥とバニラが温かい餡子で溶けて絡むことでさらに絶妙なマッチングが起こるわけです。

・ホットミルク
これはバニラアイスに近い組み合わせかもしれませんが、温めた牛乳を加えることで甘みもまろやかになり、コクもでます。バニラアイスよりも甘さを抑えることが出来るので食べやすくもなりますね。
これを豆乳に変えても味をアレンジできていいと思います。同じ豆類なのでマッチングもばっちり。

・チョコレート
ただのミルクチョコレートだと甘みがくどくなるので、ここで言うチョコレートはハイカカオの苦味が強いものが良いです。餡の甘さとカカオの苦味がよくマッチングしてコクのあるまろやかな大人の甘さを実現してくれます。

・バター
要は餡バターですよね。餡バタートーストが不動の人気を誇るわけなので当然おしるこにも衝撃のマッチングを起こします。

コク、旨味、程よい塩味と油分。贅沢な組み合わせではありますがそれを遥かに超える美味しさが口の中で拡がることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おしるこの付け合わせについてまとめると、
関西では塩昆布、関東では漬物、それ以外にも地域によって様々な付け合わせがされ、おしるこを美味しく頂くということに共通した脇役達が大きな役割を果たしていることがわかったと思います。

また、塩物に限らず昨今では常識を超え組み合わせることで相乗的に美味しくなるような組み合わせも生まれています。

食を探求することは人が幸せと感じる瞬間や機会を増やすことに繋がる。

この記事によって皆さんそれぞれの楽しみ方に新しい選択肢が生まれてくれたら幸いです。

おしるこおしることぜんざいは同じ料理?違いは地域で多種多様だった! おしるこおしるこやぜんざいはダイエット向きなのか太るのか?カロリーは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です