アスパラガスの保存期間はどれぐらい?日持ちさせるには?

アスパラガス

きれいなグリーンが印象的なアスパラガス。茹でても焼いても料理を華やかにしてくれます。

付け合わせにもメインにもなるので、もう1品ほしい時に嬉しい食材ですよね。上手に保存して活用していきましょう。

ここでは、アスパラガスの保存方法や保存期間、日持ちさせる方法などをご紹介していきたいと思います。

アスパラガスの保存期間は?

アスパラガス

常温

アスパラガスを保存する適温は2.5℃です。

そのため常温保存はあまりおすすめできませんどうしても常温保存する時には、その日のうちに食べるようにしてくださいね。

濡れたキッチンペーパーや新聞紙に包んでからビニール袋に入れて保存しましょう。

冷蔵

アスパラガスを冷蔵保存する時には2つの方法があります。

1つ目は生のまま保存する方法。冷蔵庫で5日保存することができます。濡れたキッチンペーパーや新聞紙に包んでからビニール袋に入れて保存します。

アスパラガスを保存する時は2.5度が適温です。野菜室は3℃~7℃に設定されているのでアスパラガスには温度が高すぎます。

冷蔵室は2℃~6℃に設定されているので、冷蔵室で保存するようにしてくださいね。

その際、横ではなく立てて保存します。アスパラガスに限らず野菜は生えている状態で保存してあげるのが最善です。

野菜は収穫後もまだ生きている状態です。アスパラガスのように縦に生えていた野菜は上に伸びようとします。

そのため、アスパラガスを横に置いてしまうと、穂先が上に伸びようとして無駄なエネルギーを消費することになるのです。これにより鮮度が落ちてしまうのです。

コップや牛乳パックなどを工夫して、アスパラガスを立てて置くようにしてくださいね。

2つ目は茹でてから保存する方法。

冷蔵庫で3日保存することができます。アスパラガスを1本のまま少し固めに茹でて保存します。

そのままサラダなどに使えるのでとても便利です。さっと副菜やお弁当のおかずになりますね。

冷凍

すぐに食べない時には、1本の状態で茹でてから冷凍保存するのがおすすめです。1ヶ月保存することができます。

アスパラガスを冷凍保存する時は2つのポイントを守りましょう。

1つ目は固めにゆでること。柔らかく茹でると解凍して使う時にふにゃふにゃになってしまうからです。

2つ目のポイントはしっかり水気を切ること。茹でた後にキッチンペーパーなどで水気を取ってから冷凍しましょう。

ジップ付保存用袋に重ならないように並べて冷凍しましょう。また、茹でるのではなくレンジ加熱してもOK。時短になるのでおすすめです。

Sponsored Link

アスパラガスを日持ちさせるコツは?

お腹を抑える女性

アスパラガスは鮮度が落ちやすい野菜です。そこで一つ日持ちさせるコツをご紹介しましょう。

常温保存、冷蔵保存する時に、アスパラガスを水を入れたコップに立てておく方法です。比較的シャキッとした状態を保つことができるのでおすすめです。

コップごとビニール袋などで包み乾燥しないようにしてくださいね。

鮮やかなアスパラガスは見た目にもきれいなので、かわいい瓶などに差してグリーン植物のように置いて楽しむのも良いですね。

食べてはだめな状態のアスパラガスは?

アスパラガスをすぐにしなしなっと柔らかくなってしまいます。そんな時は、水につけておくと数時間でシャキッと鮮度が戻ってくることがあります。

しかし、腐った状態になったアスパラガスは何をしても食べることはできません。

「穂先が茶色い」「ぬめりがある」「酸っぱい臭いがする」状態のアスパラガスは腐っているので食べてはだめです。

そのような状態にならないように、上手に保存したいですね。

まとめ

アスパラガスは傷みやすい野菜なので、常温保存ではなく冷蔵保存、冷凍保存をするようにしましょう。

立てた状態にする、水につけておくと日持ちが良くなるので試してみてくださいね。

保存用に茹でる時にはさっと茹でて固めに仕上がると良いでしょう。

アスパラガスアスパラガスの栄養と効能!食べ過ぎると健康に悪影響?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です