そら豆の薄皮ごと食べる人もいる?あなたはどっち派?

そら豆

雪が解け始めると春の味覚も沢山登場してきますよね。数多くある食材の中でも、おつまみとしても人気のそら豆。

茹でるとホクホクとした濃厚な甘味がお酒にピッタリですよね。

さて、そら豆と言えば薄皮に包まれた状態ですよね。そんなそら豆を食べる時、薄皮はどうされていらっしゃいますか。

食べるという方もいれば剥くという方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は【そら豆の薄皮ごと食べる人もいる?あなたはどっち派?】について触れてみたいと思います。

そら豆そら豆の旬の時期っていつ?新鮮なそら豆の選び方は?

そら豆の薄皮は食べる?皮はむく?

そら豆

食べる派の意見

そら豆の薄皮は食べるという意見の方は多くいらっしゃいますよね。まず「皮を剥くのが面倒」という方がいらっしゃいます。

そら豆の皮は簡単に剥く事ができますが、それでも面倒と感じてしまう方がいらっしゃいます。

またそら豆の皮はとても薄いので、気にならず食べれるという方もいらっしゃいますね。

意見の中には栄養豊富という方もいらっしゃいます。そら豆の皮って栄養が無いと思われがちですが、実は食物繊維の塊なのです。

食物繊維は便秘解消や腸内環境を整える働きに欠かせない成分となっています。

美容日々心掛ける女性にとっては重要な成分となっており、薄皮も一緒に食べるという方がいらっしゃいます。

剥く派の意見

そら豆の薄皮は剥くという意見の方も多くいらっしゃいます。まず、薄皮が付いている事で食感が損なわれてしまうという意見があります。

そら豆の薄皮がいつまでも口に残ってしまい、豆の食感を十分に堪能できないという方もいらっしゃいますね。

また、薄皮を食べてしまうと消化不良によってお腹を壊してしまうという意見の方もいらっしゃいます。

私は・・・

私はそら豆の薄皮は剥いて食べます。

薄皮がついていると豆本来の食感が損なわれてしまい、そら豆をしっかりと味わう事ができなくなってしまいます。

Sponsored Link

そら豆の薄皮には毒がある?食べても安全なの?

レシピ

そら豆の薄皮を食べている方は多くいらっしゃいますが、毒があるという話を耳にした事があります。では薄皮を食べても暗然なのかが気になりますよね。

そら豆には毒素が含まれており、発熱や黄疸といった症状や死に繋がるケースがあります。

しかしこれらの症状はそら豆を主食とするといったエリアで発生する事が多くある為、私達日本人にはほとんど縁の無い症状となりますね。

そら豆の薄皮を剥くのが面倒くさい!簡単に剥くコツは?

そら豆

そら豆の薄皮を剥いて食べる方にとっては剥く作業が面倒になってしまいますよね。そこで、そら豆の薄皮を剥く方法をご紹介しちゃいます。

  1. そら豆の裏筋にある黒っぽい部分に爪を立て剥きとる(包丁でもOK)
  2. この部分から全体を覆っている皮を剥がすだけ

まとめ

そら豆を食べる時、さまざまな理由によって皮を剥く方もいれば食べる方もいらっしゃいますね。どちらでもそら豆が美味しく味わえる食べ方で食べるのが一番ですね。

薄皮を剥く方にとっては皮むきはちょっと面倒かと思われますが、簡単に剥く方法もあるので、是非参考にして頂きたいと思います。

そら豆そら豆の別名は夏豆?実は地域ごとには他の呼び名もある! そら豆そら豆は栄養や効能はいいが食べ過ぎると体に良くない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です