そら豆が嫌いな人でも食べられる苦手克服のレシピは?

そら豆

初夏の味覚として食べることが多いそら豆ですが、苦手な方も多いです。

私もそら豆は苦手で好んで食べることができません。しかし、そら豆は栄養豊富で健康だけでなく美容にもいいとされています。

そう聞くとぜひ食べたい食材です。しかし食べるならおいしく食べたい…。

そこで今回はそら豆が嫌いな人でもおいしく食べることができるレシピを紹介します!

そら豆そら豆が黒い!変色してしまう原因と食べられるのかについて!

そら豆が苦手な人はどうして嫌いなの?

そら豆

そら豆が苦手だと思う原因として、まずそら豆がもつ独特な青臭さが挙げられます。

この青臭さはグリーンピースにも当てはまり、似た理由で嫌いだと思う方もいます。匂いと味はリンクするため、匂いも味も嫌いだという方がいます。

またじゃがいもとは違うほっくりとした豆の食感そのものが苦手だと思う方も多いです。

そして鮮度が落ちたそら豆だと青臭い匂いに加えて腐ったような匂いも加わり、さらに食感も悪くなり味匂いともに最悪となるため、初めて食べたそら豆がこういうものだと苦手意識がなかなか抜けないことが多いです。

匂い?対処法は?

そら豆がもつ独特な青臭さは、約50種類の芳香成分から醸し出されています。

複雑な香りのため好き嫌いが分かれます。この芳香成分のほとんどがそら豆の皮に含まれているため、匂いの対処法としてはその皮を取り除くことが挙げられます。

しかし皮を取り除いても、その皮は実の部分と接しているため匂いが移ってしまっています。とてつもなくそら豆の匂いがダメは方には向いている方法ではありません。

そこで焼いて食べる方法をおすすめします。焼くと匂いが飛ぶため、苦手な方も食べやすくなります。揚げることも同様の効果があり、こちらもおすすめです。

そら豆そら豆が臭い原因は?匂いを消す調理法やコツは?

食感?対処法は?

そら豆がもつほくっとした食感も、嫌いな方にとってはぼそぼそとした食感に感じることが多いです。

そのため食感が苦手な方は、他の食材や調味料と和えて食べることをおすすめします。

他の食材と和えることによって食感が目立たなくなり、調味料がもつ水分でぼそぼそとした食感が解消されます。

火を使うこともなく簡単にでき、和えるもの次第でさまざまな味を楽しむことができるため、ぜひ試してみてほしいです。

味?対処法は?

匂い、食感に次いで味が苦手な方も多くいます。青臭い匂いが味にも繋がり、そら豆の青臭い味がダメ、となってしまうのです。

そこでそら豆のもつ味を消すために、カレーやシチューなど、味の濃いものに入れて食べる方法がおすすめです。

濃い味付けの煮豆にして食べると、調味料の味とマッチしておいしいです。

Sponsored Link

苦手な人でも食べられるそら豆のおすすめのレシピはないの?

レシピ

苦手な人でも食べられるレシピとして、大好きな方も多いマヨネーズと和えるレシピをおすすめします。

マヨネーズのこってりとした味でそら豆の青臭さや味、食感を食べやすく変えてくれます。

また炊き込みご飯にしてしまうとお米にそら豆の味が移ってしまうため主食として食べるならパスタとしてソースに加えて食べることもおすすめです。

トマトソースやチーズソースは味が濃く、またそら豆との相性がいいため苦手な方もおいしく食べられます。

そら豆を焼いて匂いを軽減させたあと、フードプロセッサーにかけて細かくしてキーマカレーやハンバーグに入れてもおいしいです!

まとめ

そら豆のおいしさや匂いは独特のもののため、苦手な方が多いです。

そら豆を焼いてから細かくて加えたキーマカレーは、にんじんやたまねぎも細かく切られているため食べやすく、スパイスの辛さもあいまっておいしく食べることができます。

手間はかかりますが、焼いたことによる香ばしさと独特の味が奥深い味を作り、よりおいしいおかずにすることができますよ!

そら豆そら豆の薄皮ごと食べる人もいる?あなたはどっち派? そら豆そら豆の旬の時期っていつ?新鮮なそら豆の選び方は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です