そら豆が臭い原因は?匂いを消す調理法やコツは?

そら豆

皆さんはそら豆はお好きですか⁉

茹でても美味しいですが、かき揚げにしたりそら豆ご飯にしたりとあらゆる楽しみ方ができますよね。

さてホクホク感が堪らないそら豆ですが、味は好きでも独特な匂いが嫌いという方あ多いですよね。

そこで今回は【そら豆が臭い原因は⁉】【匂いを消す調理法やコツとは⁉】についてご紹介したいと思います。

そら豆そら豆が嫌いな人でも食べられる苦手克服のレシピは?

そら豆が匂い原因は?

臭い

食べると甘味があり、食べる手が止まらなくなってしまうそら豆。

でも何とも表現できないような独特な匂いがあり、「味は美味しいけれど匂いが・・・」何て方もいらっしゃいますよね。

このそら豆の匂いさえなければなんて事も思ってしまいます。そら豆の臭い匂いって一体が原因なのか気になりますよね。

実はこれはそら豆に含まれている成分が原因となっているのです。

でも成分といっても成分単体が原因ではなく、ある二つの成分が一緒に含まれている事が大きな原因となっているのです。

その成分は【n-ヘキサナール】と【インペンタノール】という成分によるものです。これらの成分が交じり合うとあの独特な匂いとなってしまうのです。

そら豆の匂いってどんな匂いに例えられる?

そら豆の独特なにおいは含まれている成分が原因となっているのです。でも、あの匂いは何とも表現できない匂いですよね。

人によってはさまざまな例えがありますよね。

「おじさんの靴下の匂い」「足の裏の匂い」「公衆トイレの匂い」「おしっこの匂い」ともはや食べ物の匂いを例える表現ではないですよね。

匂いがそれほど気にならない方にとっては「そんなにヒドくないよ」と言ってしまいますが、苦手な方にとってはやはりこのような例えになってしまうのですね。

Sponsored Link

そら豆の匂いを消す調理法やコツはあるの?

そら豆

そら豆の味は美味しい、でも匂いが気になる何て方にとっては匂いを消した調理法がないのかが気になりますよね。

恐らく、匂いが気になるという方の多くは茹でて食べているのではないでしょうか。

実は茹でると独特な匂いが強く感じられてしまうのです。では、どのようにたべたらよいのか?

それは茹でるのではなく【焼いて】食べるのです。

匂いの原因となっている成分は焼かれる事で匂いが軽減されるのです。そんなそら豆の食べ方とはやはりサヤごとフライパンで焼く調理法がおススメとなります。

  1. フライパンに少量の油を敷く
  2. サヤのままのそら豆を表面に焼き目が付くまで焼いたら完成

たったこれだけで独特な匂いが軽減され、匂いが苦手な方でも美味しく食べれちゃうのです。

塩コショウでも良いですし、お醤油でも美味しく食べれちゃいます。

フライパンでなくても、魚焼き機やグリルでも匂いが軽減されるので、匂いが気になる方は是非お試しください。

まとめ

あらゆる表現によって例えられるそら豆の匂いは含まれている成分が原因となっているのですね。

そら豆は焼くと匂いの軽減となりますので、苦手な方は焼いて食べると、もっと美味しく味わう事ができちゃいますね。

そら豆冷凍のそら豆がまずい理由と美味しく食べるレシピはこれ! そら豆そら豆の旬の時期っていつ?新鮮なそら豆の選び方は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です