そら豆、枝豆、大豆の違いってわかりますか?あなたはどれが好き?

そら豆

豆類はあらゆる料理やおつまみ、お菓子として日本人にとっては馴染み深い食材ですよね。

さて皆さんが口にする機会も多い「そら豆」や「枝豆」、「大豆」の違いをご存じでしょうか。上手く説明できない方も中にはいらっしゃいますよね。

そこで今回は【そら豆、枝豆、大豆の違いとは⁉】【あなたはどの豆が好き⁉】についてご紹介したいと思います。

そら豆そら豆が嫌いな人でも食べられる苦手克服のレシピは?

そら豆と枝豆や大豆って同じ植物?

そら豆

そら豆と枝豆と大豆。

これらの豆ってとてもよく似ているので、同じ植物なのではと感じてしまう方もいらっしゃいますよね。

実は枝豆と大豆は同じ植物なのですが、そら豆は違う植物となります。

枝豆は大豆がまだ未熟な状態で収穫された物で、しっかりと完熟されてから収穫された物が大豆とされているのです。

つまり枝豆と大豆は同じ植物ですが、そら豆は違う植物なのです。

Sponsored Link

そら豆と枝豆と大豆の違い

そら豆

そら豆や枝豆、大豆はみんな大好きな豆ですよね。そしてどんな栄養が含まれているのか、女性であればカロリーが気になる所ですよね。

そこでこれらの豆に含まれている栄養やカロリーをご紹介しちゃいます。

そら豆

100gあたり348cal。カリウムが豊富です。

カリウムは体内中の過多となっている水分量や塩分量を利尿作用や発汗によって排出する効果があり、高血圧や脳梗塞予防に効果的です。

またカルシウムがたっぷりと含まれています。カルシウムは骨を丈夫にするだけでなく、爪や毛髪、皮膚といった全ての組織の形成に欠かせない成分です。

枝豆

100gあたり135cal。枝豆はビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは肌細胞を活性化させる働きがあり、ハリの素であるコラーゲンの生成に欠かせない成分であり、美容維持に大きな効果を齎してくれます。

また免疫力アップ効果もあり、風邪やインフルエンザ予防にも効果的です。

大豆

100gあたり451cal。

大豆にはカリウムがたっぷりと含まれているので、血圧が気になる方やあらゆる病気症状の予防効果となります。
またマグネシウムも豊富に含まれています。

マグネシウムは肌組織の形成を行う成分となっており、美容や健康維持には欠かす事ができない成分となっています。

そら豆と枝豆あなたはどっちが好き?

レシピ

そら豆派の意見

そら豆派という意見の方は多くいらっしゃいます。

茹でるとホクホクさや濃厚な甘味があり、おつまみだけでなくそら豆ご飯とあらゆる料理で味わう事ができますね。

独特な匂いもありますが、それも美味しさの一つですよね。またそら豆を使用したレシピも豊富でさまざまな味わいが楽しめますね。

枝豆派の意見

枝豆派という意見の方が多くいらっしゃいますね。枝豆と言えば夏の時期のおつまみの定番。

塩ゆでした枝豆とビールはもはや夏の風物詩。塩ゆでだけでなく、かき揚げや枝豆ご飯、スイーツとあらゆるレシピで食されています。

多彩な表現によってあらゆるレシピで味わえる点も枝豆の魅力ですよね。

私の意見

私はやはり【枝豆】ですよね。

ビールと枝豆の関係って絶対に切り離せない存在で、長年連れ添った夫婦のような関係ですよね。

まとめ

枝豆とダイスは同じ植物ですが、そら豆は違う植物となっています。それぞれで魅力溢れる栄養素や味わいが楽しむ事ができますね。

枝豆派の方もいればそら豆派の方もいらっしゃいますが、どちらもおつまみとしては勿論、あらゆる料理で楽しめる最高の食材ですよね。

そら豆そら豆が黒い!変色してしまう原因と食べられるのかについて! そら豆そら豆が臭い原因は?匂いを消す調理法やコツは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です