アボカドが苦い原因は加熱が原因?苦味を消す方法を紹介!

アボカド

アボカドは濃厚な食感が特徴的ですが、味は意外とあっさりしています。

クセのない味だからこそ、様々な食材と合わせると美味しさが増すのです。でも、たまに苦いアボカドにあたってしまうことがあります。

苦いアボカドはそのまま食べるはもちろん、他の料理を合わせても本来のアボカドの美味しさを味わうことができません。

今回は、アボカドの苦い原因、さらにその苦味を消す方法をご紹介したいと思います。

アボカド切った後のアボカドの保存方法は?酸化させないコツは?

アボカドが苦い原因は?

アボカド

加熱しすぎ

切ったアボカドは、ポリフェノールが原因ですぐに変色してしまいます。

その変色を防ぐための方法として、レンジ加熱があります。でもこの加熱をしすぎてしまうと、苦くなることが多いです。加熱した後に冷めても苦味は残っています。

熟していない

未熟な果物は甘みがなく苦味やえぐみがあります。まだ美味しい状態に熟していないのです。甘いメロンも未熟な状態だと苦味を感じることがあります。

未熟なアボカドも同様にまだ熟していないために、苦味やえぐみがあるのです。

鮮度が落ちている

未熟なアボカドは苦味を感じることがありますが、熟しすぎて鮮度が落ちている場合も苦いことがあります。
黒色になり、柔らかくなりすぎているアボカドは要注意です。

Sponsored Link

アボカドの苦味を消す方法はどうする?

アボカド

熟していなかったら熟す

アボカドが苦いのは、アボカドに含まれているポリフェノールによるものです。腐っているわけではないので食べることはできます。でも苦いアボカドはあまり美味しくありません。

できれば苦いアボカドは避けたいですよね。

熟したアボカドは深い緑色をしています。それよりも緑に近い場合には、まだ熟していない可能性が高いです。

そんなアボカドは、切ってしまう前に、しっかり熟すまで待つことで苦味のない美味しいアボカドになるでしょう。

マヨネーズなどで和える

切る前に未熟なアボカドだと判断できれば熟すことで苦味をとることができます。でも、切った後に苦味に気がつくことのほうが多いかもしれません。

そんな時には、マッシュしてマヨネーズで和えてしまいましょう。マヨネーズの味の濃さにアボカドの苦味が負けるので、苦味が和らぎます。ブラックペッパーを多めに加えるのもおすすめです。

パンに挟んだり、ディップとしてお肉や魚料理に添えて食べてみましょう。それほど苦味を感じないはずです。

加熱しすぎない

苦味の原因は加熱のしすぎにあります。アボカドを加熱する時には、しすぎないことが大切です。変色防止のために電子レンジで加熱する際には1分以内にしましょう。

炒め料理にする時には、さっと炒めることがポイントです。火を通しすぎると苦くなる可能性が高くなるので気を付けたいですね。

天ぷらやソテーなどにする時には、少しの時間でOKです。アボカドはもともと生で食べれるものなので、しっかり加熱する必要はありません。

塩もみをする

アボカドを塩もみするという方法もあります。アボカドは淡白な味わいなので、より苦味が引き立ってしまいます。塩で味付けをすることで、少し苦味が感じなくなるでしょう。

スライスしたアボカドにひとつまみの塩を加えて、さっくりと混ぜてください。

焼きアボカドにする

アボカドはチーズとの相性がとても良いです。そこで、苦味のあるアボカドにチーズをのせて、トースターで焼きアボカドにするのもおすすめです。

オーブンでじっくり加熱すると苦味が増えてしまう可能性があるので、トースターでさっと焼くようにしましょう。

まとめ

本来アボカドはあまりクセのある味をしていません。

でも、なかには苦いアボカドもあります。苦いアボカドにあたった場合には、マヨネーズやチーズと合わせる、塩もみをするなどして、工夫することで苦味がやわらぐでしょう。

また切る前であれば、アボカドの色や弾力を確認してください。未熟な状態だとわかったら、そのまま置いて追熟させましょう。

アボカドアボカドとアボガドどっちが正解?違いについて調べました! アボカドアボカドの栄養と効能は?食べ過ぎると腹痛や太るって本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です