大根の栄養と効能は?食べ過ぎは体に悪影響?

大根

野菜の中で最も多く食べられていると言われている大根。

栄養も豊富で様々効能があると言われていますが、実際どんな効果があるか意外と皆さん知らないと思います。

私も調べるまではあまり知りませんでした。

そんな栄養豊富な大根ですが、食べ過ぎると体に悪かったりするのでしょうか?

何事も程々が良いと言われていますが、どんな弊害があるかも気になりますよね?

ユミ

今回は大根の栄養と効能、食べすぎについてまとめてみました。
大根大根の皮に黒い斑点が!これって食べても大丈夫なの?

大根の栄養と効能は?

大根

MEMO
・ビタミンC
・ビタミンA
・ビタミンB6
・葉酸
・カルシウム
・カリウム
・マグネシウム
・セレン
・モデブリン
・食物繊維
・ジアスターゼ
・アミラーゼ
・フラボノイド
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ナトリウム
・リン
・鉄

 

大根を食べることで期待できる効能は?

ビタミンCはヒトの体内では作ることのできない栄養です。

そのためヒトは、食べ物から摂取しなければいけません。ビタミンCは体の中にできた活性酸素を無害化することができます。

活性酸素はDNAやたんぱく質を傷つけて細胞の機能を低下させてしまいます。これによって、がんや動脈硬化、脳卒中などの病気になる可能性があります。

しかし、ビタミンCを取ることによってこれらの病気を予防することができます。また、メラニンの沈着を防ぐさようがありますので美白効果があると言えます。

さらに、カルシウムの吸収を促進して、骨折や骨粗鬆症の予防にも効果があります。

ビタミンAは目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を高めたりする効果があります。また、薄暗いところで視力を保つ働きもあるので、ビタミンAが不足すると、夜盲症になります。

ビタミンB6は皮膚や粘膜の健康維持に役に立っていて、湿疹や口内炎などの予防になります。また、生理前に憂鬱になる人には、ビタミンB6不足の傾向がありますので、女性は特に気を付けて摂取する必要があります。

マグネシウムはカルシウムの働きを助け、筋収縮を抑えたり、血管を広げて血圧を下げたり、また、血小板が固まるのを抑えて血栓を作りにくくします。不整脈や動脈硬化症の予防になります。

葉酸は血液を作るのに働きかけます。また、粘膜を保護して、抵抗力をつけてくれますので、貧血の予防になります。

カルシウムは骨に健康維持には欠かせない成分です。また、神経伝達物質にも深くかかわりがあり、不足すると不眠症やうつ病などを引き起こす原因にもなります。

Sponsored Link

大根を食べ過ぎると体に悪い?

お腹を抑える女性

大根には、ジアスターゼという消化酵素が含まれています。

これは、胃腸の消化を助けてくれるとても良い成分ですが、食べ過ぎると胃を刺激しすぎてしまい腹痛を起こします。

また、イソチオシアネートという辛み成分も食べ過ぎてしまうと胃酸が出すぎて、腹痛や下痢を起こしてしまいます。

太る?

大根は100gあたり、カロリー18kcal、糖質2.8g、炭水化物4.1gです。

例えばにんじんと比べると、カロリーは半分くらいですので太りやすい野菜とは言えません。根野菜は太りやすいイメージがありますが、大根はヘルシーな野菜と言えます。

ただ、料理の仕方によっては、カロリーが高くなることはあります。例えば、一人前のおでんが20kcalに対して、切干し大根の含め煮は140kcal にもなります。

カロリーが気になる場合は、できるだけ生で食べると良いです。大根に含まれるアミラーゼは炭水化物の代謝を助ける働きがあり、摂取された炭水化物を効率よく排出してくれます。

アミラーゼのおかげで、炭水化物が脂肪に変わる前に代謝するので、太りにくくなると言われています。

また、辛み成分のイソチオシアネートは老化の原因の活性酸素を除去して、細胞の働きを活性化させてくれるので、代謝が上がり痩せやすくなります。

さらに、食物繊維も多く含んでいますので、腸内環境を整えて便秘を解消してくれます。

尿が臭くなる

原因は、イソチオシアネートという辛み成分です。イソチオシアネートは揮発性硫黄化合物で、卵がくさったようなにおいがします。

この成分が消化管から吸収されて血液によって運ばれ尿に混ざるのでにおいが臭くなってしまうのです。

1日の大根の適量ってどのくらいなの

レシピ

火を入れて大根を食べる場合はそれほど量を気にしなくても大丈夫ですが、生で食べるときには量に気を付けてください。

食べ過ぎると腹痛を引き起こします。体調にもよりますが、野菜1日摂取量の目安である350gをすべて大根でとった場合は多いと言えます。

煮物や炒めものなど火を入れて食べるときは、350gすべて大根でとっても問題ありません。味付けが濃くなって、糖分などを取りすぎないようにだけは気を付けてください。

まとめ

大根は栄養豊富ですが、食べ過ぎるとお腹が痛くなったり体にも良くなかったりします。

ただ適量を気にすれば、カロリーも低くダイエット向きの食材であると言えますし、ビタミンC、カルシウム、葉酸、ビタミンB6など女性には欠かせない栄養も取れますので、いろいろな料理に活用していってください。

大根大根の皮はピーラーよりも包丁でむいた方がいい理由とは? 大根大根は皮ごと食べた方が栄養があるって本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です