「梅干しを毎日一粒は健康の元!」というのは本当?それとも嘘?

梅干し

昔から梅干しは体に良いものとして日本人に親しまれてきました。毎日梅干しを1粒食べると健康になれると言われていますよね。

本当に梅干しは体に良いものなのでしょうか。昔の人が考えて迷信的なものなのでしょうか。梅干しの健康効果について考えてみたいと思います。

梅干し梅干しは栄養や効能が凄い!でも食べ過ぎると体に悪いの?

梅干しを毎日食べると健康に良いと言われている理由は効能が凄いから!

梅干し

疲労回復

1日1粒の梅干しで健康になれると言われる理由は、梅干しにはたくさんの効能があるからです。

有名な効能は疲労回復ですよね。疲れている時や元気がない時に梅干しを食べると元気が出る感じがします。

これは梅干しの酸味成分が疲れのもとを分解してくれているからなのです。1日1粒の梅干しで疲れ知らずの体になれるのですね。

生活習慣病を予防

梅干しには、血圧上昇を抑制する効果や、血液をサラサラにする効果、さらに血糖値の上昇を抑制する効果もあります。

高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を予防する効能があるのです。

胃がんを予防?

梅干しは、胃がんを予防する効果あるということがわかりました。

胃がんの原因となるのは「ヘリコバクター・ピロリ菌」という細菌です。胃の粘膜に棲みつくもので、多くの人が感染していると言われています。

このヘリコバクター・ピロリ菌が長期に渡り棲みついていると、胃の粘膜が薄くなり胃がんを起こしやすい状態になるのです。

梅干しに含まれているポリフェノールは、このヘリコバクター・ピロリ菌を抑制することができるということがわかったのです。

食欲不振を解消

食欲がない時でも梅干しだけは食べられたりしますよね。それは梅干し好きだからという理由ではなく、梅干しに含まれる酸味成分のおかげなのです。

唾液の分泌を促したり胃液の分泌を活発にすることで、食欲不振を解消してくれるのです

インフルエンザ予防

梅干しに含まれている「エポキシリオニレシノール」という成分はインフルエンザ菌の増殖や感染力を抑える働きがあることがわかりました。

インフルエンザが流行するシーズンには、梅干しが効果を発揮してくれるかもしれませんね。

Sponsored Link

梅干しを毎日食べると健康に良くないのでは・・・と言われる理由は?

梅干し

梅干しの効能についてご説明してきました。梅干し一粒にこれほどの効能があるとは知りませんでした。どれも健康のために取り入れていきたい効果ばかりですね。

でも体に良いからと言って、毎日梅干しを食べるのは要注意です。それは梅干しの「塩分」に原因があります。

梅干しは非常に塩分が高いため、食べすぎるとむくみや高血圧のリスクを高めることになってしまうのです。

梅干しって結局毎日一粒食べるべき?止めるべき?

はてな

厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準によると、成人男性の1日の塩分摂取量は8g、女性は7gとなっています。

それでは梅干し1個にはどれくらいの塩分が含まれているのでしょうか。

スーパーなどで売られている調味料漬けされた梅干し1個あたりの塩分は1.5g程度、塩漬けされた昔ながらの梅干しは4.5g程度となっています。

梅干しの大きさや作り方によって若干の違いはありますが、やはり梅干しには多くの塩分が含まれていますね。特に塩漬けされた梅干しの食べ過ぎは危険ですね。

調味漬けの梅干しであれば1日2~3粒程度、塩漬けの梅干しは1日1粒にしておきましょう。

また減塩タイプの梅干しなどもあります。普段の食事で塩分を取り過ぎている方は、塩分の少ない梅干しを食べるように工夫してくださいね。

梅干しの効果をたっぷり取り入れながら、塩分の摂り過ぎにならないように注意していきましょう。

まとめ

「梅干し1粒で医者いらず」などと昔から言われていますが、これは間違いではありませんでした。

疲労回復、生活習慣病予防、胃がん予防、食欲増進など、毎日の健康に欠かせない効能がたっぷり含まれていました。

しかし、梅干しは非常に塩分が高い食品です。健康のためを思って食べすぎるのは逆に危険です。塩分の摂り過ぎは高血圧やむくみ、太りやすい体を招いてしまいます。

塩分少なめの梅干しであれば1日2~3粒、塩分の多い梅干しは1日1粒にとどめておきたいですね。

梅干し梅干しの簡単で短時間でできる塩抜きの方法は? 梅干し妊婦さんは梅干しを食べても良い?何個ぐらいが適量なの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です