アボカドは加熱するとまずかったり栄養を失う?お勧め調理方法を紹介

アボカド

アボカドと言えば、サラダやディップなど、そのまま生で食べることが多いです。

でも、炒め物やオーブン料理など加熱したアボカド料理もおしゃれで魅力的。アボカドは加熱しても美味しく食べることができるのでしょうか。

せっかくの栄養が失われることはないのでしょうか。

アボカドは加熱するとまずかったり栄養を失う?お勧め調理方法を紹介

アボカドは加熱すると栄養が失うは本当なの?

アボカド

野菜は加熱することで栄養が失われることが多いです。栄養があるとされている野菜でも加熱することで本来の栄養を得られていないかもしれません。

アボカドも加熱することで失われる栄養成分があります。それはビタミンB、ビタミンCです。しかし、それ以外のものは加熱によって失われることがない熱に強い果物なのです。

ビタミンBとビタミンCを他の食品で補うことができるのであれば、アボカドを加熱しても問題はないでしょう。

アボカドは森のバターと言われるほど脂質が多いことが特徴です。全体の2割が脂質です。

しかもその脂質の主な成分は不飽和脂肪酸であるオレイン酸。オレイン酸は、悪玉コレステロール値を下げたり、血液をサラサラにしてくれるなど、健康維持のために非常に魅力的な脂質なのです。

さらにアボカドには豊富な食物繊維が含まれており便秘解消効果が期待できます。

その他にもカルシウム、カリウム、ビタミンE、葉酸などの栄養成分も含まれています。このような栄養成分は加熱してもしっかり摂れるので安心ですね。

Sponsored Link

アボカドは加熱すると美味しくない?

レシピ

アボカドの美味しさはトロリとした濃厚な食感にあります。これは生ならではの美味しさです。

そんな生のアボカドは、加熱するとせっかくの美味しさが失われてしまうと言われることが多いです。

加熱すると苦味が出ることがあり、食感もホクホクとしたものに変わってしまいます。

変色を防ぐために電子レンジで加熱する方法があるのですが、この加熱をし過ぎてしまうと、苦味が出てしまうという意見もあります。

食べごろのやわらかいアボカドは、やはりそのまま生で食べるのが良いかもしれませんね。

固いアボカドは加熱したほうが柔らかくなって美味しくなる?

アボカド

加熱すると美味しくなくなると言われるアボカドですが、固いアボカドの場合は別です。

青くて固いアボカドの場合は、そのまま食べても美味しくありません。加熱したほうが柔らかくなって美味しくなるのです。

固いアボカドの場合は、加熱したほうが逆に柔らかくなる効果もあります。また熟していない固いアボカドを調理する場合には、加熱料理がおすすめです。

アボカドを加熱して美味しく食べられるレシピは?

レシピ

アボカドとチキンのチーズ炒め

アボカドは鶏肉との相性が抜群です。生ならサラダチキンと合わせるのがおすすめですが、鶏肉と炒めるのも美味しいです。

アボカドと鶏肉を一口大に切ります。フライパンにオリーブオイルと薄切りにしたニンニクを入れて香りが出たら、アボカドと鶏肉を加えます。

焼き色が付くように炒めたら、塩コショウと粉チーズで味を調えます。おつまみ料理にも最適な一品です。

アボカド焼きそば

パスタに使われることが多いアボカドですが、焼きそばに入れるのもおすすめ。普通のソース焼きそばに、薄切りに切ったアボカドを加えるだけの簡単レシピです。

ソースの濃い味とアボカドの濃厚な味がマッチしたクセになる味わいです。

アボカドの天ぷら

シンプルなレシピですが、アボカドを加熱した美味しさを味わうなら、天ぷらがおすすめです。

少し厚めに薄切りにしたアボカドに衣をつけてさっと揚げます。シンプルに塩でいただくのが美味しいです。

まとめ

アボカドと言えば、薄切りにしてそのままサラダの彩りに加えることが多いと思います。

でも、加熱してもほとんど栄養が失われないため、加熱料理にもおすすめの果物なのです。

ちょうど食べ頃の熟したアボカドはそのまま食べるのが美味しいですが、そのまま食べにはちょっと固いアボカドはぜひ加熱料理にしてみてください。

アボカドアボカドは野菜なのか果物なのかどっち? アボカドアボカドが苦い原因は加熱が原因?苦味を消す方法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です